キャッシングで源泉徴収票を準備する

キャッシングを申込む時には源泉徴収票の提出を求められることがあります。その他では免許証や住民票などの本人確認書類の提出が必要です。源泉徴収票は、勤めている会社で年度末に発行して貰うものです。それを持っていれば、提出書類として十分です。そして源泉徴収票の代わりの役割を果たすのが、毎月の給与の明示された収入証明書でも替わりに役割を果たします。でもキャッシングで源泉徴収票の提出を求められるのは、借り入れ金額が高額の場合です。 続きを読む

キャッシングの法律に基づいた金利

金利の高さは、キャッシングについての法律で、何%までと決まっています。
20%が金利の最高値というのは利息制限法に規定されていたもので、それを越えると違法扱いでした。
法律でそう定められた以上は、以前のように29.2%でお金を借りたりすることは困難です。
悪徳業者は、法律を無視した金利設定をしている場合もあるので注意が必要です。 続きを読む

クレジットカードの審査の基準について

アルバイトや、パート勤務で正社員ほどの収入が得られていないという人でも、クレジットカードは使えるようになっています。
ただし、クレジットカードの審査を受けたところ、れっきとした正社員なのに審査をパスできなかったという人もいます。
クレジットカードには種類があり、審査が厳しい順にプラチナ、ゴールド、クラッシック、ノーマルとなります。
クレジットカードの中でも、ノーマルや、クラシックなら、非正規労働者でも、収入額によっては審はパスできるものです。 続きを読む

銀行カードローンと保証会社

銀行カードローンに申し込みをすると、保証会社の審査を受けなければならないところがあります。
銀行カードローンを利用するにあたっては担保や保証人が不要である代わりに保証会社への加入が義務づけられています。保証会社は、銀行カードローンの利用者がもし返済を滞らせたり、借金を踏み倒したりした場合に、利用者の代わりに返済を行います。これを代位弁済といいます。 続きを読む