住宅売却意外に費用がかかる

住宅を売却する際は、意外に費用がかかることに驚くかもしれません。一般に不動産会社を通じて売却すれば、仲介には手数料がかかります。

2800万円で取引された物件の場合、100万近い額を仲介業者に支払います。それと司法書士へ支払う登記費用等一式、領収書等に貼る印紙税、そのほかにも費用がかかる場合もあります。ですから何がいくらかかるか確認した上で、家の売値を設定しないと、手元に残るお金が減ってしまいます。

土地家屋など固定資産の所有者に課税される地方税のことを固定資産税といいます。
誰でも不動産を所有していれば払わなければいけない税金で、毎年課税されます。

この場合、所有者というのは1月1日時点の所有者を指します。例えばその日よりも前に売買契約をしたとしても1月1日の所有者がまだ旧所有者となっているときは、売主側に固定資産税を納税する義務があります。購入した人が固定資産税の新たな納税義務者になるのは所有者を新しい所有者に移転した明くる年ということです。まだローンを完済していない状態の住宅を売る場合、当然ながら住宅ローンを全額返済してからようやく売却可能な状態になります。

仮に残債務を完済できずにどうしても売却しなければいけないなら、任意売買(任意売却とも)なら可能です。家が売れたらまず残債を返済するという条件の下、特別に金融機関から売却の許可を得るのです。
佐世保市で不動産査定