キャッシングの法律に基づいた金利

金利の高さは、キャッシングについての法律で、何%までと決まっています。
20%が金利の最高値というのは利息制限法に規定されていたもので、それを越えると違法扱いでした。
法律でそう定められた以上は、以前のように29.2%でお金を借りたりすることは困難です。
悪徳業者は、法律を無視した金利設定をしている場合もあるので注意が必要です。
そもそも悪徳業者が、金利をWEBサイトなどに記載したり、公開することはありません。
利息制限法で決められたことを守ってお金を貸すという金融会社が、あるべき姿です。
最近では、金融会社がキャッシングを行う場合は、貸付金利が10%をオーバーしているところはほぼありません。
返済時の利息についても、金利が低くなれば、利息も少なくなります。
金融機関から融資を受けた時には、どうすれば利息を少なくできるかを考えることです。
支払い利息が大きくなるほど、それだけ返済は大変になり、返済期間も長くなり、いつまでも返済が続いてしまいます。
これからプロミス専用窓口を利用する場合には、少しでも低金利で借りられるキャッシングを選択するようにしましょう。