クレジットカードの審査の基準について

アルバイトや、パート勤務で正社員ほどの収入が得られていないという人でも、クレジットカードは使えるようになっています。
ただし、クレジットカードの審査を受けたところ、れっきとした正社員なのに審査をパスできなかったという人もいます。
クレジットカードには種類があり、審査が厳しい順にプラチナ、ゴールド、クラッシック、ノーマルとなります。
クレジットカードの中でも、ノーマルや、クラシックなら、非正規労働者でも、収入額によっては審はパスできるものです。
正社員として働いている人でも、クレジットカードの審査に落ちた人はどのような基準で落とされているのでしょうか。
収入面では問題がないけれど、クレジットカードの審査に通らなかったという人は、個人信用情報に要因があったという可能性があります。
審査では、過去のきゃっしん履歴や、現在の利用歴を調べて、借りすぎていたり、延滞などの経歴がある人は、低く評価しています。
クレジットカードを新しく発行できる要件として、昔、借りたお金を返せずに破産手続き等をしたことがないことがあります。
どれだけ月々の収入が安定している人でも、返済を滞らせたことがある人は、返済能力がないという見立てをされてしまいます。
キャッシング会社の視点からすると、貸したお金を返済しようとしない人は、収入が十分に得られていないという人よりも問題視しています。
経済的な信用があっても、人間的な信用がない人は断られる可能性が高いです。
ただし、個人信用情報は過去のクレジットカード利用履歴を永続的に記録しているわけではありませんので、しばらく時間がたてば、クレジットカードの審査に通ることが可能です。

魚沼市のアコムatm案内