お金を借りる際には嘘をつかず正確な情報で

金融会社の審査は、あなたの申告と書類が一番大切な情報ですから、、書類に事実でないことを書いたような場合は、最初から断られてしまいますから、正確に正しい情報を伝えるようにしてください。
審査は、申込書に記載した情報を元に行われます。まずは年齢確認が行われます。次に返済能力があるのかどうか審査されます。その他に、雇用形態、勤続年数、勤務先、社員数、健康保険の種類、最終学歴などの情報をもとに審査が進められます。
良く聞く話ですが、事実を告げずに嘘の申告をしても審査が通ったというような話がありますが、その時は、一時的に通過するかもしれませんが、どこかでそのような嘘の情報はばれてしまいますので、ばれてしまった場合、法律にも触れることになり、二度と借りれすることができなくなる可能性がありますので、申告は絶対に正確に嘘の申告はやめたほうがいいと思います。
審査に有利になるようにと、年収を多く見せたり、過去のトラブルや他社からの借入を隠してもムダです。事実確認に時間を取ってしまったりするので、最短でお金を借りるためにマイナスになってしまいます。申込書には、ウソの記載をしないようにしましょう。